<個人情報に基づく公表事項等について>

個人情報保護に関する法律に基づき、当事兼所における個人情報の取り扱い及び開示等につきまして記載及び説明をさせていただきます。

東開メディカル有限会社
グループホーム 灯夢想家
代表取締役 植松尚眞

【1】当事集所が取り扱う個人情報の利用目的は次の通りです。
個人特報保護法の趣旨ならびに厚生労働省「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り 扱いのためのガイドライン」に基づいた利用日的とします。
(1)ご利用者様(契約者)への認知症対応型共同生活介護サービスの提供に必婁な利用目的
@当事業所内部での利用にかかる事項
1.ご利用者様(契約者)に対する認知症対応型共同生活介護サービス提供のための調整。
2.介親報耕の管理・辞求にかかる事務所及び会計・推理集軌
3.アセスメントによるニーズの把溝とケアプラン原案の作成・修正業務。
4.事故・苦情等の報告
5.サービスの利用状況及び経過の確認業務(モニタリング)及び記録。
6.事集所内部こおける学生等の実習の協力。
7.事業所内における職員の資質の向上を自的とした事例研究。
8.その他、利用者様の管理運営に必要な業務。
A当事業所外部での利用に係わる事項
1.主治医との連絡調整・情報提供、他サービス事業者との連絡調整等の連携、サービス担当者会議の開催及び照会。
2.ご家族等への心身の状況説明。
3.他の医療機関への照会や意見・助言を求める場合。
4.職員の資質の向上を目的とした事業所外事例研究。
5.賠償責任保健等に係る専門団体や保険会社等への相談及び届出。
6.国民健康保険団体連合会への保険請求。
Bその他の利用
1.行政機関等からの照会・実地指導・外部監査等における情報提供等。
2.管理・運営業務の維持・改善のための基礎資料。

【2】当事業所が取り扱う保有個人データに関する事項は次の通りです。
(1〉当該個人情報取扱事業者(当事業所)の名称。
指定認知症対応型共同生活介護事業所・グループホーム灯夢想家
(2〉当事業所が取り扱う保有個人データとその保管方法。
居宅サービス計画書(ケアプラン)など法令において作成・保存が義務づけられているものを基本としています。
保管はハードによるソフトウェアへの保管(パスワードによるセキュリティを含む)、及び収納庫による施錠を行い、管理を万全なものとしています。

【3】個人情報の開示等の求めに対する手続き
(1)当事業所の保有個人データに関する開示・閲覧等の求めにつきましては、各担当介護支援専門員へお問い合わせください。
(2〉開示等の求めに際して提出すべき書面の様式につきましては、各担当介護支援専門員へお問い合わせください。
(3〉開示等の求めをするものがご本人、またはその代理人であることの確認の方法につきましては各担当介護専門員へお問い合わせください。
(4〉開示を求める際の手数料の額、及び撤収の方法につきましては、各担当介護支援専門員へお問い合わせください。

【4】第三者からの照会に対して個人情報を共有する場合について
(1)ご利用者様及びご家族の事前の承諾なしに第三者への情報公開は致しませんが、法令に基づく場合や生命、身体又は財産の保護のために必要があり、本人の同意を得ることが困難である墳合は情報提供を行います。

【5】ご家族に関する個人情報の取り放いについて
(1) 緊急連絡先として、また担当者会議等においてご家族のご意向をお伝えする事でご家族の個人情報を用いる事があります。