入院について
 1. 入院予約
(1) 外来診療の結果、入院の指示があった場合には、受付で入院の予約をお願いいたします。なお、入院時に必要な書類は受付でお渡しします。
(2) 入院日が決まりましたら、来院していただく日時を当方より電話等でご連絡いたします。

 2. 入院手続き
(1) 入院当日、受付窓口に下記書類を提出の上、入院手続きをお願いいたします。
イ. 診察券、保険証
ロ.入院申込書(連帯保証人1名は、患者と別世帯の成年で独立の生計を営み、支払い能力のある身元確実な方に限ります。)尚、印鑑(申込者と連帯保証人の二つの認め印)が必要となります。
(2) 労災、公傷の方は、当該官署又は事業主の発行する証明書が必要になります。
(3) 医療扶助、育成医療、養育医療、特定疾患等で入院される方は、別途の手続きが必要ですので、事前にお申し出ください。

 3. 携帯品
(1) 印鑑(認め印)、洗面用具、スリッパ、タオル、バスタオル、パジャマ、湯呑み、箸、その他当病院より指示のあったもの。
(2) 電気製品を持ち込まれる際は必ず看護婦までお知らせください。場合によってはお断りすることがあります。

 4. 入院料
(1) 普通室の1日当りの入院料には、看護、寝具、管理料などが含まれています。
(2) 特別室、個室を利用されますと、保険適用外として、1日につき別途の料金が加算されます。
(3) 各ベッドに備え付けの電話の通話料は、別途請求となります。

 5. 看護
看護は、当院が病状に応じて行っておりますが、症状その他で特に必要な場合には、医師、婦長の許可を受けてご家族がつき添う事が出来ます。ただしこの場合、お子さま連れはご遠慮ください。

 6. 食事
入院中の食事は、当院が治療の一環として、それぞれの症状に適した食事をお出ししますので、病室への飲食物や自炊は、ご遠慮ください。

 7. 寝具
寝具は、当院で用意してありますので、ご持参される必要はございません。

 8. 入院中にお気つけ頂きたい事柄
(1) 院長の指示に従い療養につとめてください。
(2) 他の入院患者さんに迷惑をかけないように静粛にし、みだりに処置室、ナースステーションなどへの出入りなさらないでください。
(3) 病室内での賭け事、喫煙、飲酒、放歌、集会など、他の入院患者さんの迷惑になる事は、一切禁止させていただきます。
(4) 外出、又は外泊を希望される場合には、必ず院長の許可を受けてください。
(5) 当院の施設や、備品などは大切に使用し、破損しないようにしてください。又、病室の壁を傷つけるような張紙をしないでください。
(6) 病室や廊下の清潔、整頓にご協力ください。
(7) 当院備付けの電熱器やガスコンロなどを、勝手に使用しないでください。
(8) 火気の取扱いについては、病院規定に従い、火災予防にご協力ください。
(9) 盗難防止上、貴重品、多額の現金を所持しないでください。

 9. 面会
(1) 面会は、患者さんの療養のため、下記のように時間を定められています。時間外の面会は、安静の妨げとなりますので、規定時間内にお願いいたします。
「面会時間」:13時から20時まで
(2) お子さんや風邪をひいている方のご面会は、ご遠慮ください。

 10. 退院手続
退院の際は、当日までの支払計算書を受付窓口で受け取り、完納してください。