<グループホーム灯夢想家について>

a. 理念
夢と想いが灯る家=「グループホーム灯夢想家」

あの戦後の荒廃から、現在の日本を創りあげた最大の功労者が、今のお年寄りのかたたちであることに異論はありません。
一方、そのお年寄りの方々に近年、認知症の増加が報告されています。そこで心ならずも認知症にいたられたお年寄りのかたたちに、微力ながらも何か手を差しのべ、ケアのお手伝いができないものかと考え、このたび認知症のお年寄りのかたたちのための共同住宅介護事業所(グループホーム)開設を思いたちました。

まず最初にグループホームの開設地にのぞましい立地条件、環境はどういう場所であろうか、と考えました。それは決して人里離れたわびしい辺鄙なところではなく、家族、親戚、友人、知人たちがいつでも気軽に自由に訪れることのできる、交通至便な街中の、しかも静かで安全な場所ではないかと思い至ったのです。そして、鹿児島市内、木材団地内に位置する当地こそが、グループホーム開設場所として最適ではないか、と判断したしました。

考えますに、認知症にいたった方々のほとんどが、小さい頃から今日までこの薩摩のすばらしい自然の中で豊かな匂やかな木々の緑に囲まれて過ごしてこられたことでしょう。そこで私たちはここに、屋久杉をはじめ鹿児島県産の木材をふんだんに使って、温もり、暖かさ、心地よさを大切にした「純木造建築のおうち」〜「グループホーム灯夢想家」を作り上げました。
むかしから住み馴染んだかのような、心安らぐ環境の中で、ご家族様、スタッフとともに、ご入居者様のケアに努めていきたいと考えております。

そして、すぐ隣に併設されている、内科有床診療所「東開内科クリニック」(院長:植松俊昭)および近隣の医療機関・福祉施設等との協力連携を保ちながら、ご入居様、ご家族様へ、よりよい安心と満足を提供いたします。

これが、私たちの目指す「夢」と「想」いの「灯」る「家」=「灯夢想家」です。
 
「灯夢想家」代表 植松尚眞 


b. グループホームとは
痴ほうの症状を持つ高齢者の方、または知的・精神的障がいのある方(要介護度1〜5の認定を受けた方)が、自宅で暮らしているような雰囲気の中で、専門スタッフの介護を受けながら共同生活をおくるための、個室と共用スペースをもつ場所のことをいいます。

c. スタッフについて
管理者兼計画作成担当者:
   1名(ケアマネージャー・介護福祉士)
計画作成担当者:
   1名(ケアマネージャー・介護福祉士)
介護職員(常勤):
   9名(介護福祉士・ヘルパー1級/2等級)
介護職員(非常勤):
   3名(介護福祉士・ヘルパー2等級)

d. 施設について
● 各居室の案内
6畳無垢フローリング、照明・冷暖房完備(当然のことながら、当施設ではアスベストをはじめ、人体に有害な建築材料はいっさい使用しておりません)
24時間ナースコール
定員 2ユニット 18名

● 施設概要
敷地面積/332坪
総床面積/150坪
1階床面積/74坪
2階床面積/75坪
総居室数/18部屋
木造軸組工法、浴室、洗濯コーナー、食堂、居間、テラス、スタッフルーム、トイレ8カ所

e. 利用料
別表参照(クリックしてご覧下さい)

f. 所在地
〒891-0115 鹿児島県鹿児島市東開町3番地21

h. 関連施設―東開内科クリニック(リンク)
協力医療機関・みやはら歯科 外薗クリニック

i. お問合せ
鹿児島市東開町3-21
TEL & FAX 099-260-3030

j. 外部からの評価
◎外部からも大変高い評価を受けています!

「特定非営利活動法人 福祉21かごしま」
による2009年度の外部評価より
 グループホーム 灯夢想家
 (法人名 東開メディカル 有限会社)
「木肌のぬくもりを感じさせる純木造の建物は、木の香りに包まれ居心地よく明るく家庭的で、生活感や季節感が感じられる空間となっている。利用者が、和室やダイニングなど思い思いの場所でくつろげる配慮がなされ、落ち着いた雰囲気のインテリアが利用者や職員のゆとりに結びついている。鹿児島市内でも交通量の多い工業地にあるもののホーム内は非常に静かである。町内会に入会し、町内会の催事や近隣の高校の学園祭に参加するなど地域との結びつきにも努力している。隣接するクリニックとの連携により24時間の健康管理がなされ、利用者、家族ともに安心感が得られるホームである。」

その他の外部評価(2007年、2008年、2009年)は以下のホームページでご覧いただけます。
  ・グループホーム灯夢想家の外部評価

k. 個人情報に基づく公表事項等について
こちらでご覧下さい。